任意整理で債務を確実に処理!【元本及び利息の減免をしてもらう】

最新記事一覧

成功させるためにすること

説明

弁護士は実績で選ぶ

任意整理は、法律家に依頼して債権者に借金減額の交渉をしてもらう方法です。多くは将来的な利息のカットが可能で、現時点での元金と利息を完済することで借金がなくなります。ただし交渉による減額なので、債権者が和解を受け入れてくれなければ任意整理は成功しません。そこで必要なのが任意整理に実績があり、交渉力がある法律家に依頼することです。任意整理を依頼できる法律家は、弁護士または司法書士です。司法書士は債権額140万円以下(個別の債権に対する価格)の案件に限り交渉権と訴訟権を持ちます。よって140万円を超える債務に任意整理は依頼できませんので、債務額によっては初めから弁護士に依頼した方が良いケースもあります。弁護士にはこうした規制はありませんが、どんな法律案系が得意なのかは弁護士によって変わるので注意しなくてはなりません。もし任意整理が得意分野ではない弁護士に依頼してしまうと交渉がうまくいかない可能性もあるため、弁護士選びは重要なポイントになってくるでしょう。弁護士を選ぶときには各法律事務所のホームページを確認してみるのが一つの手ですが、金融庁で紹介している相談窓口を通して紹介してもらうという手もあります。また、何人かの弁護士に相談して相性の良さそうな法律家を探すのもいいでしょう。任意整理は目安として手続きに3ヶ月〜半年ほどかかるため、長い付き合いになる弁護士は信頼できるに越したことはありません。