任意整理で債務を確実に処理!【元本及び利息の減免をしてもらう】

最新記事一覧

どっちに相談

女性

弁護士と司法書士の違い

借金の相談をする、ではどこに依頼したらいいのかとなると任意整理なら弁護士または司法書士ができます。では、弁護士と司法書士どっちに相談をしたらいいのかとなります。弁護士は債務整理に限らずあらゆる法律案件の相談をすることができますが、司法書士は不動産や会社の登記を行うのを専門としていますが債務整理も行うことができます。しかし、取り扱える債務の金額に違いがあります。弁護士であれば、債務の金額は際限なく取り扱うことができますが、司法書士は140万円以下の債務額しか取り扱うことができないです。また、任意整理を依頼するのもすべての司法書士に依頼できるわけではなく、認定司法書士と呼ばれる方だけになります。つまり、任意整理を手続きをするのに140万円以下の債務であれば弁護士と司法書士どちらに依頼してもいいことになります。ただし、個人再生や自己破産の代理人になることはできないので、書類作成の代行はしてくれますが裁判所への出廷などは自分で行うことになります。そのため、140万円以下の任意整理を司法書士に依頼することであれば弁護士よりも安価な費用で引き受けてくれます。ただし、完全に任意整理の手続きをするという意志のもと司法書士に相談をしに行ったら、借金の額が多いために個人再生や自己破産をすすめられてしまうということもあります。そうなると、司法書士と弁護士と相談費用がまたかかってしまいますので、初回は無料相談ができるところを選ぶなど検討することです。