任意整理で債務を確実に処理!【元本及び利息の減免をしてもらう】

最新記事一覧

3年で完済を目指す

男の人と女の人

減額できる仕組み

債務整理の中で、任意整理の手続きが人気です。その理由は、借金の総額を減額させ3年以内に完済を目指せるように返済計画を立て直せるからです。では、任意整理をすることでなぜ借金を減額することができるのか、それは2つの金利に関する法律が関係しているのです。その法律は利息制限法と出資法です。利息制限法では金利の上限を利用限度額に応じ15%〜20%と定めています。この金利を超えた部分に関しては法律上無効です。出資法では、貸金業法が改正される以前29.2%を上限としていたのです。29.2%を超えると刑事罰が科されていましたが、利息制限法では上限を超えても違法ではありますが罰則規定がなかったのです。貸す側としては利息制限法を超える金利は違法と理解していても出資法では違法ではないため20%を超える金利で長年営業してきたのです。今では利息制限法を超える金利で発生した利息は、貸金業法が改正されて刑事罰が課されることとなったため取引開始まで遡って出資法の金利で借りていた人は利息制限法以下の金利に引き直し再計算し、払い過ぎた利息分があるので減額をすることができるのです。これが任意整理です。任意整理は、自己破産や個人再生のように保有している財産を処分せずに減額をできる特徴があります。減額された借金は、そこで債務金額が確定し今後金利が発生しなくなるので元本だけを分割で返済していきます。毎月の返済額も生活に支障のない範囲まで抑えることができます。