任意整理で債務を確実に処理!【元本及び利息の減免をしてもらう】

最新記事一覧

借金相談を急ぐべき理由

説明

任意整理を行うと、カードが一生作れないとか、家族にも悪影響が及ぶという噂もありますが、ほとんどの場合はデマです。早めに弁護士相談すれば、周囲に知られることなく、数年カードが使えなくなる以外のデメリットはほとんどなく借金を清算することができます。まずは相談をしてみましょう。

詳しく見る

3年で完済を目指す

男の人と女の人

任意整理の手続きは、自己破産や個人再生のように保有している財産を処分せずに借金の減額ができる手続きです。減額された借金は、今後金利が発生しないので毎月無理のなく返済できる金額で分割で支払っていくことができます。

詳しく見る

お金の問題も相談できる

悩む人

プロの知恵を借りよう

生活費の補てんや一時的な遊興費として銀行カードローンや消費者金融を利用し始めたものの、いつの間にか借入額が膨らんでしまい完済の目処が立たない状況になってしまっている人も少なくないといわれています。一度借金が膨らんでしまうと利息の負担も重くのしかかるため、自力で状況を改善することは困難となります。そうした場合、弁護士などの専門家に債務整理を依頼することが借金問題を解決する近道であるといわれています。債務整理の方法としては、任意整理や自己破産、民事再生といった方法があります。現時点での借金額やマイホームを維持したいかどうかなどによってどの債務整理の手法を取るのがよいかは異なります。民事再生と自己破産については裁判所の判断が必要となるものですが、任意整理については個別に各債権者と協議して元本及び利息の減免をしてもらうものとなります。任意整理については法的な強制力がないものですので、各債権者の意向や弁護士の交渉能力に左右される部分があるものとなります。しかし、任意整理で話がまとまれば現在の財産をある程度維持しながら、減額してもらった債務について再度返済を進めていくこととなります。自己破産の場合、税金以外の債務は原則免責となりますが、現在の財産の大半を手放す形となりますので一長一短があります。債務整理の経験が豊富な弁護士としっかり相談しながら、自分に会った債務整理の手法についての助言をもらうことをお勧めします。

メリットはあるのか

男性と女性

債務整理の中でも任意整理は最もメリットが多く、利点の方が高い整理方法になっています。もちろんデメリットはありますが、メリットを理解することで躊躇していた人もチャレンジしてみる価値があると気づくでしょう。

詳しく見る

成功させるためにすること

説明

任意整理を成功させるためには弁護士選びに注意が必要です。弁護士と一口にいってもそれぞれ得意とする法律案件が異なるため、任意整理に強い実績を持っていない弁護士に依頼すると交渉を失敗する可能性もあります。

詳しく見る

どっちに相談

女性

任意整理の手続きは、司法書士と弁護士どちらに依頼しても行うことができます。司法書士は、140万円以下の債務額しか取り扱うことができませんが、弁護士よりも安い費用で任意整理の手続きをすることができます。

詳しく見る